板金塗装・ボディリペア
弊社では自社工場内に最新型の専用塗装ブースを併設し、自動車の事を知り尽くした専門の鈑金担当エンジニアと塗装担当エンジニアが熟練した高度な技術により、お車の傷を完璧な仕上がりで修復致します。

鈑金塗装の修理の流れ

受付

事故の状況についてヒアリングをさせて頂きます。車両保険にご加入されている場合は、その使用判断についても適切にアドバイスをさせて頂きます。被害事故の際には事故相手の保険会社との連絡もお任せ下さい。

受付の様子

損傷状況の確認

実際にお車の損傷を確認させて頂きます。プロのスタッフが外観ダメージだけでなく、内部的な損傷もないかどうかを一つ一つ確認し、ボディに使用されている下地素材を判断して適切な修復作業方法を考えていきます。

損傷状況確認の様子

お見積り書の作成

お見積り書を作成し、作業内容を丁寧にご説明させて頂きます。お客様のご要望もお聞きし、リサイクルパーツ使用や簡易修復作業によるコストダウン方法などもご提案させて頂きます。

お見積り作成の様子

ご入庫日の打ち合わせ

作業内容とお見積り金額にご納得頂きましたら、お車のご入庫日を決定させて頂きます。作業期間中の代車も豊富に取り揃えており、無料にてご利用頂けますのでご安心下さい。

受付の様子

鈑金作業の開始

鈑金作業を担当する専門のエンジニアが損傷状況により様々な技法を駆使し、骨格から外板までお車の修復作業をしていきます。最近のお車で多用されているプレスラインの修復も確実に行っていきます

鈑金作業の様子

塗装の下処理

塗装作業にかかる前にサーフェーサーの塗布とサンディング作業といった下地処理を行っていきます。



塗装の下処理

塗料の調色

塗装作業の中でも非常に重要な工程になり、塗装エンジニアの経験と感性による技術力が非常に求められます。お車の使用年数や保管状況によって一台一台異なってくるボディの塗装状態を的確に判断して絶妙な調色を行います。

塗料の調合の様子

塗装作業

専用の最新ブースで塗装作業を行います。塗装箇所とその他の箇所で本当に自然に見えるよう肌目やつながりを確認しながら作業を行っていきます。ベース色だけなく、最近のお車には多い3コートパールの塗装作業も丁寧に行っていきます。

受付の様子

乾燥作業

専用塗装ブース内で温風と高温の遠赤外線ヒーターによる熱乾燥を十分に行います。



乾燥作業の様子

10

研磨作業

細かいホコリ等の付着がないかを十分に確認しながら、ポリッシャーによる研磨作業で最終の仕上げを行い、作業が完璧かどうかをしっかりチェックしていきます。

研磨作業の様子

11

お車のお引渡し

仕上がり状況をお客様にご確認頂いた上で、お車をお引渡しさせて頂きます。

お引き渡しの様子

ご相談やサービスに関する質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話番号 本社:06-6581-8850 工場:06-6581-1981